脂肪を体内に溜めない方法

デブの要因である脂肪を体内に溜めないことでスリムボディを手に入れよう

冷え性の改善をすると体感温度も変わってくる

冷え性は女性に多い症状です。
軽く見られてしまいがちですが、放置していると体感温度が低くなりいつも寒く感じてしまうだけでなく、代謝が落ちて肌がくすんでしまう、免疫力が低下して風邪などを引きやすい体質になってしまうなどさまざまなトラブルを引き起こす原因となってしまいます。
婦人科系の病気の原因にもなりやすいので、冷え性を自覚している場合にはできるだけ早く改善する必要があるのです。

冷え性の原因としては生活習慣の乱れや喫煙習慣、睡眠不足やストレス、運動不足、自律神経の乱れなど様々なことが考えられます。
まず改善にあたって大事なことは生活習慣を見直すということです。
喫煙は劇的に血管を収縮しますので末端まで血液が行き渡らず冷えにつながってしまいます。
同様にストレスや睡眠不足も血行を阻害するので、冷えにつながってしまいます。
十分な睡眠をとりリラックスする時間を設けて精神的に余裕を持ちストレス解消することで血行を促進することができます。

また食事内容も冷え性改善に大きな影響を与えます。
ダイエット中などは栄養バランスが乱れたりエネルギーが不足してしまうことがありますが、これも冷えの原因になってしまいます。
体を作るタンパク質で筋肉量を維持し、ビタミンミネラルで体の調子を整えることで冷えの改善もすることができ、体感温度を上げることができるのです。

さらに運動不足は冷えを促進させてしまうもっとも深刻なものです。
運動不足に陥ると筋肉量が減少して体が発熱する力が不足してしまいます。
運動はそれだけでも血行アップにつながりますし、筋肉を鍛えることで体が発熱する力を促進することができるのです。
定期的に運動をすることで体感温度を2度から3度アップさせることもできるのです。